« ★☆見た目年齢-5歳も夢じゃない!アユーラ 美活沙プレートの威力!!★☆ | トップページ | ☆★ラストシンデレラにはまる(笑)★☆ »

2013年5月16日 (木)

★☆今日からあなたもCMデビュー?!NANACOSTARでツヤ髪に♪☆★

私が肌や髪をキレイに見せたいと思う中で最も重要視しているのは、「ツヤ」と「潤い」です。
潤ってツヤのある肌や髪は、それだけで若々しく、いきいきとした印象を与えます。そういう肌や髪の方を見掛けると、しっかりとお手入れをされているのだなと思い、素敵だと感じます。

髪は肌よりもダメージを受けやすい部分。シミを作りたくないと思い、肌には一生懸命UVケアをしている方は多くても、髪や地肌にまでUVケアしている方は少ないのではないでしょうか。
紫外線は髪にも確実に悪影響を及ぼしていて、夏場の髪のパサつき、変色などは紫外線の影響が大きいと思います。
だから、夏は地肌や髪にもUVクリームやスプレーを塗り、帽子をかぶってお出掛けするのが◎。
そして、帰宅したら、地肌や髪をいたわりながら優しい成分のシャンプー&トリートメントでしっかりと保湿してあげることが重要です。



今日はこれからの季節におススメのシャンプー&トリートメントのご紹介をしたいと思います。
それがこちら。


013



NANACOSTAR
金のシャンプー&銀のシャンプー&白金のトリートメント

NANACOSTARファンサイト参加中


こちらのシリーズは、髪について知り尽くした美容師が開発に携わった商品で、「硬毛」「軟毛」「髪の太さ」「髪のくせ」に関係なく使用できるのが魅力の1つです。
それでは、1つずつ商品のご紹介をしていきたいと思います。

<銀のシャンプー>
まず最初に使うのは銀のシャンプー。銀のシャンプーは頭皮を健やかに保ち、健康な毛髪が生えることに重点を置いたシャンプーで、いわゆるスカルプシャンプー。
頭皮の老化を抑制、皮脂の分泌を調整するローヤルゼリーエキスを配合。頭皮を活性化させ、毛母細胞を増やす効果があるといわれるGK2と、皮脂を除去する効果のあるフラボノステロンなども配合。普段のシャンプーでは落としきれない毛穴につまった皮脂もきれいに落としてくれるのだそう。
確かにこのシャンプーを使うと頭皮がいつもよりスッキリ。思った以上に自分の頭皮には汚れがつまっているのかしらと感じました^_^;

<金のシャンプー>
刺激の強い高級アルコール系の界面活性剤を使用せず、タンパク質由来のラウロイル加水分解シルクNaを使用。ラウロイル加水分解シルクNaは絹から作られた乳化剤。タンパク質由来のため肌や毛髪に吸着しやすく、浸透性に優れているのが特徴です。
実際に使用してみて感じたのは、トリートメントのようなダメージ補修効果も感じられるほどの洗い上がり。ツヤのある、なめらかな髪に洗い上がります。
また、低刺激なのも魅力。それでいて泡立ちは銀のシャンプーも同様なのですが、とてもよく、マイルドでクリーミィ―な泡が出来上がります。
金のシャンプーは、ラウロイル加水分解シルクNaの他、スーパーアミノ酸とも呼ばれるペリセアと、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ新成分リピジュアも配合されており、非常に贅沢なシャンプーです。

<白金トリートメント>
配合されている主な成分としては、毛髪補修効果の高いシルク成分である加水分解シルクを配合。従来トリートメントには配合できなかったヒアルロン酸をイオン分解することで配合することを可能にしたカチオン化ヒアルロン酸も配合されています。この他、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ新成分であるリピジュアも配合。髪の栄養となるアミノ酸の中でも浸透性、吸着性ともに優れたペリセアを配合し、毛髪を健康な状態に保ち、髪の成長を促します。
仕上がりは、髪に美しいツヤが出て、指通りはツルツル、スベスベ♪まとまりのある髪に導いてくれます。


5日程連続使用することで見事髪質改善!
使用前の写真を撮り忘れてしまったのですが、ちょっとパサついてダメージが出始めていた髪が見事美しく復活しました。


017



今回はモニターさせていただいたのですが、積極的に現品購入を検討したいと思います^^
ただネックになるのはお値段。いずれも200mlで2625円(税込)。
でも!トリートメントか銀のシャンプーだけでも購入したい!
それくらい素晴らしい商品でした☆
今回は素敵な商品をモニターさせていただき、ありがとうございました。

商品の詳細はぜひ下記のリンクからチェックしてみてください!

公式オンラインショップ『NANACOSTAR』


人気ブログランキングへ

|

« ★☆見た目年齢-5歳も夢じゃない!アユーラ 美活沙プレートの威力!!★☆ | トップページ | ☆★ラストシンデレラにはまる(笑)★☆ »

モニター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。